イボ治療について|福生で皮膚のトラブルにお悩みなら田村皮フ科へご相談ください。

当院では予約を承っておりません。

0425533875

イボ治療について

イボについて

イボとは、ヒト乳頭腫(にゅうとうしゅ)ウイルスが皮膚に感染してできる乳頭腫で、ウイルス性疣贅(ゆうぜい)と呼ばれる病気のことを言います。

イボの原因

ヒト乳頭腫ウイルスは、指のささくれや足底などの小さな傷口から感染します。
表皮の一番深い層にある基底細胞に感染すると、細胞が増殖してイボになります。

ウイルスよって好発する部位や皮膚症状が異なります。手足に好発する尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)、性行為で伝染する陰部の尖圭(せんけい)コンジローマ、顔面や手背に出やすい青年性扁平(へんぺい)疣贅などがありますが、お子さんには尋常性疣贅が最も多くみられます。

治療について

イボを取り除くのには、一般的に液体窒素を使用した凍結療法で治療をしていきます。
1~2週間ごとに続ける必要があります。

その他の治療法としては、ブレオマイシン(抗癌剤)局注療法、トリクロール酢酸塗布法、ハトムギエキスの内服などがあります。

イボ治療のまとめ

放置しておくと他の部位や家族に感染したり、イボが大きくなってしまったりと悪化してしまう原因となりますので、早期に治療を開始することが大切です。

PAGE TOP