水イボ(伝染性軟属腫)治療|福生で皮膚のトラブルにお悩みなら田村皮フ科へご相談ください。

当院では予約を承っておりません。

0425533875

水イボ(伝染性軟属腫)治療について

水イボ(伝染性軟属腫)について

水イボ(伝染性軟属腫)は、子供に流行する感染症のひとつです。肌の露出が増える夏に肌と肌の接触感染でイボ状の湿疹ができしまう感染症です。大人よりも6歳未満の幼児にかかりやすいのが特徴です。

原因と症状

水イボ(伝染性軟属腫)の原因は、ポックスウイルスが原因です。
そのウイルスが原因でイボ状の湿疹ができ、イボの大きさは2~5mm程度で、潜伏期間は2~7週間程度です。中心部がくぼんでいるのが特徴です。

感染経路について

保育園や幼稚園の中でも特にプールのときに感染します。空気感染・飛沫感染するわけではなく、プールの水を介して感染することはないのですが、ウィルスが付着したタオルや衣服などを介して感染が広がってしまいます。そのため、学校などではタオルや水着、ビート板、浮き輪といったものを共用するのは避けるように注意しましょう。

予防について

肌がカサカサに乾燥してバリア機能が弱っていると水イボに感染しやすくなります。そのため、肌の保湿を心がけることが大切です。また、ハト麦茶にヨクイニンの成分が含まれるため、普段の飲み物をハト麦茶に変えるのも予防効果があります。家族内で感染者が出た場合は、イボを掻き壊さないように爪を短く丸めに切り、肌が接触しないように注意してください

水イボ治療のまとめ

もしあなたのお子さんが水イボになってしまったら!自分でピンセットなどでつぶすなどせずに、医師の診断してもらい、正しい治療することが大切です。当院では、治療の痛みを和らげるため麻酔シールを貼付してからピンセットで摘出します。

PAGE TOP